入江泰吉旧居を訪ねてみて

d0390001_17503928.gif


Leica M8 / Summarit 50mm LTM / RAW


東大寺戒壇堂から歩いてすぐの場所に「入江泰吉旧居」があります。奈良の写真家の代表的な存在である故入江泰吉さん。古都奈良のイメージを追い求めて生涯奈良を撮り続けました。もともと大阪に住んでいた入江さんは,大阪大空襲に遭い自宅兼店舗(写真店を開業していた)が全焼、ふるさと奈良へ引き揚げてきました。その場所がこの旧居のようです。以前は全く写真に興味のなかった私が写真を撮りたいと思うようになったきっかけは,入江さんの写真集を古本屋で見つけ,手に入れたことからでした。この構図はどこからイメージが出てくるのだろう,この切り取り方はすごいなぁと感動したことが始まりでした。残されている写真が見たことのある風景が多いこともスッと写真に入っていける要素でした。ずっと入江さんのような写真が撮りたい,現在の奈良の姿は当時とは相当変わってしまっていますが,その原風景を求めて撮りたいと思いその後奈良や京都を中心に写真を撮るようになりました。今回,初めてこの旧居を訪れて,改めて東大寺からすぐのこの立地の素晴らしさと入江さんの研究熱心な様子が分かりました。入江さんが読まれていた蔵書がそのまま残されていて,そのタイトルを一つずつ見ていくと,奈良の歴史や神社仏閣の研究以外にも京都や絵画,陶器などの関連の書籍も多くありました。一つの写真を撮るのに,これだけの知識や探求心がいるのだと勉強になりました。ただ漠然と写真を撮っているだけではダメなんだと自分への反省も込めて,写真とは何かを考えるようになりました。上の写真はその旧居を外から撮ったものです。アンティークな椅子がいいなと思い撮りました。入江さんが使われていたのでしょうか。



・所在地: 〒630-8208 奈良市水門町49番地の2)
・TEL: 06-6343-7800
・開館時間: 9:30~17:00(入館は16:30まで)
・休館日: 毎週月曜 (休日の場合は開館し、翌日休館)
・200円、高校生以下無料,団体(20名以上)100円

[PR]
トラックバックURL : https://bwphotoshade0630.exblog.jp/tb/27053639
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by rabbitkaigo0608 | 2018-08-14 18:18 | Photography | Trackback | Comments(0)

モノクローム写真が好きです。ライカとシグマのカメラで撮っています。

by rabbitkaigo0608