コンタクトシートを作り始めました

d0390001_21473885.gif




最近になってコンタクトシートを作り始めました。以前もやりかけたことがありましたが,途中で放置してしまっていました。撮りためたフィルムの本数は今のところ約80本くらいしかないので,今なら整頓しても間に合う,嫌にならないレベルだと思っています。イルフォード社の印画紙(小四切)のRCペーパーを用意して,せっせと作り始めています。作っていて思うのは,過去のフィルムの露出が無茶苦茶ということです。恥ずかしながら露出計の使い方が全然ダメだったのと,勘で合わせていたシーンも多く,引き伸ばし機で相当時間をかけて光を当てないと出てこないネガが多いことが分かりました。いいネガをつくる,これからのフィルム撮影では最も注力しないといけない部分だなと感じています。あと,AE付きのフィルムカメラが欲しくなってしまいました。ライカM7が一番の候補ですが,中古もそれなりの価格。やはり古いライカM4とセコニックの露出計で頑張ってみようと思います…。

トラックバックURL : https://bwphotoshade0630.exblog.jp/tb/27116705
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by mon21mon at 2018-09-20 07:10
こんにちは
いいネガを作る
仰る通りですね
Commented by rabbitkaigo0608 at 2018-09-20 20:44
> mon21monさん
コメントどうもありがとうございました。以前撮ったネガは露出オーバーの連発で情けない限りです。もう一度原点に戻って,適正な露出で写真を撮るという基本から見直さないといけないなと反省しています(苦笑)
Commented by blackfacesheep2 at 2018-09-21 11:14
コンタクトシートですか、懐かしいですね♪
スキャンしてデジタル化するようになって、まったく縁がなくなってしまいました。

フィルム写真、ネガだとラチが広いので横着になりますが、ほんとは良くないんですよね。
ネガは3段ぐらい露出オーバーでもへっちゃらとは言いますが、実際にはかなり無理があります。

AEカメラ、便利ですよ。
私はNikon F3の使用頻度が増えました。
日中絞開放写真や日中スローシャッター写真を撮るために、可変NDフィルターを装着しますが、AEなら露出決定が簡単です。
また、二重露出写真も最近よく撮るのですが、Nikon F3は専用スイッチがあるので重宝です。^^
Commented by rabbitkaigo0608 at 2018-09-22 06:00
> blackfacesheep2さん
コメントありがとうございました。
そうですね,いいネガをつくることは,印画紙で焼き込んでいく上で大切だと感じています。適正な露出のネガでは覆い焼きや焼き込みがスムーズにいきますが,露出オーバーだと細部まで描写するのに時間と手間がかかります。モノクロームのトーンにも微妙に影響が出てくると感じています。

NikonF3は僕も使ったことがありますが,いいカメラですね~。今はレンジファインダーの作法が好きなのと,ライカのレンズでしか撮れない世界があると自分では感じるところがあるので,フィルムならM4,デジタルならM8がプリントしてみていいなと感じています。印画紙は押しが効くバライタ紙が,RCより黒の調子がいいと思いますし,デジタルならバライタ紙系がやはり黒の締まり具合がいいと思います。私見ですが,いまライカM7が欲しいのは平均測光が可能なカメラだからです。スポット測光のM5などもいいカメラですが,いいネガをつくる点に関しては,平均測光の方がいいように思います。露出計で測ることでM4でも可能ですが,被写体の光の位置や具合によって微妙に露出が変わってきます。またいちいち測るのも億劫でしんどいなと思っています。パッと撮れないのが悩みですね…。NikonF3のAEはその点素晴らしいカメラなのではないでしょうか。
by rabbitkaigo0608 | 2018-09-19 21:45 | Film Leica | Trackback | Comments(4)

モノクローム写真が好きです。ライカとシグマのカメラで撮っています。