カテゴリ:Inkjet photo paper( 5 )

グランフロント大阪北館

d0390001_22293551.gif


Leica M8 / 7 artisans 50mm / RAW


七工匠の「7 artisans 50mm」を購入しました。f値1.1の世界と写真家のセイケトミオさんの作例を見て,ライカM8で撮ってみたいという気持ちが強くなりました。レンズは中国製で,日本の正規代理店「焦点工房」さんによる販売で,距離計調整の説明書には日本語で解説が書かれていました。ライカM8では焦点距離が65ミリほどになり大変撮影しやすいです。Web上での感じですが,アウトフォーカスがとてもいい感じで蕩けていきます。その後,キャンソン社の「PLATINE FIRE RAG」でプリントしてみました。背景のボケが柔らかく自分の好みの感じにプリントされていました。このレンズ,4万円台でこの写りはハッキリ言ってすごいと思います。

by rabbitkaigo0608 | 2018-07-22 22:31 | Inkjet photo paper | Trackback | Comments(0)

枯れ葉

d0390001_01434773.gif




Leica M8 / Jupiter-3 5cm LTM (f1.5) / RAW



最近のLFIにライカSLとのコンビで作例が載っていた,旧ソ連製のユピティェル-3 5cm f/1.5レンズ。その写りがよさそうだと思い中古カメラ屋で手に入れました。このレンズはカールツァイスのゾナー50㎜ f/1.5のコピーレンズです。大変廉価ですが,ライカM8と撮影してみてとても写りがいいので改めて驚きました。背景のボケ味やその描写がキャンソン社の「PLATINE FIRE RAG」でプリントしてみましたが大変きれいでした。

by rabbitkaigo0608 | 2018-07-16 01:40 | Inkjet photo paper | Trackback | Comments(0)

京都六角堂

d0390001_00584157.gif



Leica M9 / Summar 50mm / RAW


京都六角堂での撮影。カメラはライカM9とズマール50ミリ。蠟燭の火を撮影してみましたが,モノクロームのトーンの具合がフォトショップ上ではよく分からなかったので,キャンソン社の「PLATINE FIRE RAG」というインクジェット紙(A4)を今回初めて使ってプリントしてみました。私のプリンターはキャノン製です。キャンソン社のHPでICCプロファイルの項目にプリンタ別の設定を検索できるので,その設定通りにプリントするときれいに仕上がります。ちなみにICCプロファイルをダウンロードできますが,それはインストールせずに単純にプリンターのモノクロ印刷設定を使用してプリントアウトしているだけです。この写真の奥行きのボケ具合とトーンがとても柔らかい調子で印刷されていました。細かい印刷の設定についてはまだまだ試行錯誤ですが,プリントする紙によって印象がかなり変わるので興味深いです。今まで試しに使ってきた「Baryta Photographique」より,「PLATINE FIRE RAG」の方が質感が自分の好みです。


by rabbitkaigo0608 | 2018-07-10 01:15 | Inkjet photo paper | Trackback | Comments(0)

Leica M9とズマール50ミリ

d0390001_17232235.gif

現在撮影に使っているライカM9のブラックペイントとズマール50mmレンズ。柔らかな写りとボケ味が魅力です。個人的な感想に過ぎませんが,インクジェット紙にプリントしてみるとモノクロームのトーンが美しくこの組み合わせがとてもいいように感じています。このズマールレンズはレンズ先端の側面が黒塗り仕上げになっているクロームメッキのもので,製造番号は19万番台,1930年代前半の初期のものです。黒塗りの部分にローレットが刻まれているクロームメッキ仕上げのものをよく見かけますが,このレンズを中古カメラ屋で試写させてもらって,写りがとてもクリアだったこともあり購入しました。ライカのレンズの中にあっては,コンパクトで比較的廉価なズマールですが,今のレンズにない描写が魅力のレンズです。

by rabbitkaigo0608 | 2018-07-06 17:48 | Inkjet photo paper | Trackback | Comments(0)

雨に濡れた法然院白砂壇

d0390001_20594185.gif

SIGMA DP2 Merrill / Sigma Photo Pro 6.6.0 / RAW

雨の中での撮影。普段は真っ白な白砂壇がこの日は雨にしっとり濡れていてその質感がいいと思いました。DP2Mのいい点はライカのカメラでは寄れない距離まで寄れて縦位置が撮りやすいこと。これは最大の利点ですね。実際にCanson社の「BARYTA PHOTOGRAPHIQUE」のA3ノビでプリントしてみましたが,濡れた砂の細部まできちんと写っていて砂のグラデーションになっていました。さすがに高解像度のDP2Mですね。

by rabbitkaigo0608 | 2018-06-12 21:00 | Inkjet photo paper | Trackback | Comments(0)

モノクローム写真が好きです。ライカとシグマのカメラで撮っています。