d0390001_11104068.gif



Nikon D40X / NIKKOR-S Auto 50mm (f/2,非Ai) / RAW / Nik Collection


印画紙に焼くことが多くなったこの頃,イルフォード社のバライタ紙以外にも試してみたくなって,フランスの小さな会社で生産しているBergger(ベルゲール)社の印画紙を買ってみました。実際にベルゲールで焼かれたプリントを見る機会があり,ウォームトーンでややクリーミーなその紙質がとてもいいなと思っていました。またそのうち自分で気に入った写真があれば,それを焼いてみたいと思っています。高価な印画紙なので場を選ぶような気がします。こういう地道な努力をしているベルゲール社のようなニッチなマーケットを私は応援したくなります。最近はパンクロと呼ばれる新フィルムも提供されています。その他,最近導入したライカM6クラシック。M4と違いこちらは露出計がついていて,ファインダー内のアナログな表示で適正な露出を設定できます。欲しいと思っていたAE付きのM7には手が届きそうになかったこともあり中古カメラ屋で見つけたブラッククロームの最初期型にしました。最近は専らこのカメラを持ち出してフィルムで撮っています。

by rabbitkaigo0608 | 2018-10-08 11:30 | Film Leica | Trackback | Comments(0)

d0390001_21473885.gif




最近になってコンタクトシートを作り始めました。以前もやりかけたことがありましたが,途中で放置してしまっていました。撮りためたフィルムの本数は今のところ約80本くらいしかないので,今なら整頓しても間に合う,嫌にならないレベルだと思っています。イルフォード社の印画紙(小四切)のRCペーパーを用意して,せっせと作り始めています。作っていて思うのは,過去のフィルムの露出が無茶苦茶ということです。恥ずかしながら露出計の使い方が全然ダメだったのと,勘で合わせていたシーンも多く,引き伸ばし機で相当時間をかけて光を当てないと出てこないネガが多いことが分かりました。いいネガをつくる,これからのフィルム撮影では最も注力しないといけない部分だなと感じています。あと,AE付きのフィルムカメラが欲しくなってしまいました。ライカM7が一番の候補ですが,中古もそれなりの価格。やはり古いライカM4とセコニックの露出計で頑張ってみようと思います…。

by rabbitkaigo0608 | 2018-09-19 21:45 | Film Leica | Trackback | Comments(4)

神戸元町駅界隈 #2

d0390001_21074743.gif


Leica ⅢC(戦後型) / Kodak 400 Tri-X / Nik Collection

by rabbitkaigo0608 | 2018-08-29 21:08 | Film Leica | Trackback | Comments(0)

青島ビール

d0390001_00024765.gif


Leica ⅢC(戦後型) / Kodak 400 Tri-X / Nik Collection



バルナック型ライカで撮った写真。古いキャビン工業製のスキャナでデジタル化して,Nik Silver Efex Pro2で調整しています。実際に先日この写真のネガを現象し暗室を借りてイルフォード社のバライタ紙(印画紙)にも焼いてみました。バルナック型ライカカメラはとにかくファインダーが小さくて見にくいのが難点です。距離計もM型ライカに比べると合わせにくくて,きちんと撮れているかどうか分かりにくいカメラだと私は感じています。カメラのデザインと形は美しいのですが…。これは中華街で撮った青島ビールを売っていたお店のワンシーンです。

by rabbitkaigo0608 | 2018-08-29 00:54 | Film Leica | Trackback | Comments(0)

d0390001_17323838.gif



Leica M4 / Thambar 90mm LTM / Kodak T-MAX400 / Nik Collection




by rabbitkaigo0608 | 2018-08-02 17:35 | Film Leica | Trackback | Comments(0)

Leica M4+Thambar 90mm

d0390001_22093325.gif



Leica M4 / Thambar 90mm LTM / Kodak T-MAX400 / Nik Collection



最近めっきり使わなくなっていたフィルムカメラ。いくつか持っているのですが,タンバール90ミリレンズをフィルムで撮ったらどんな感じになるだろうかと,ライカM4につけっぱなしにして京都駅ビルや奈良を撮ってみました。現像してみると写りはデジタルと変わりはなく,フィルムで撮ってもデジタルで撮っても同じだなという印象を持ちました。しかも,私の持っているフィルムスキャナがキャビン工業製のやや古いタイプのスキャナです(HPで見たら生産完了品でした…)。いちいちネガを付け替えて,しかも結構埃が写り込んでしまうアナログなタイプです。その手間が面倒なのとフィルムで撮ったものをデジタル化するなら初めからデジタルで撮ればいいのでは?という自問自答があり,このところフィルムネガをスキャンすることが億劫になっています。最近のインクジェット紙でのプリントは本当に美しく,特にキャンソン社やハーネミューレ社の紙で印刷したライカM8のモノクロームは美しいなと感じています。そんな中,フィルムのデジタル化がさらに自分にとってはプライオリティの低い作業となっています。フィルムカメラでの撮影は嫌いではないですし,たまにはいいなと思いますが,フィルムは印画紙に焼いてその本領が発揮されるというイメージが自分にはあります。時代の流れもありますが,フィルムの立ち位置はとても悩ましいなと個人的には思います。

by rabbitkaigo0608 | 2018-08-01 22:34 | Film Leica | Trackback | Comments(0)

モノクローム写真が好きです。ライカとシグマのカメラで撮っています。